紅葉の赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)巡り

最新記事「2021年 初秋の生石高原(おいしこうげん)ススキがキレイでした

タイトル

久々に行ってきました。赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)

赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)は、三重県名張市赤目町を流れる滝川の渓谷にある、一連の滝の総称です。


大きな地図で見る

谷自体は赤目四十八滝渓谷(あかめしじゅうはちたき けいこく)と言われてますよ。

先ずは名阪国道、針インターを下りたところにある針テラスで一休み。

針テラス

ここ針テラスには銭湯まであるちょっとしたレジャー施設的なノリの施設。

針テラス

針からはおおよそ30分程車で走ると赤目四十八滝の入り口に着きます。

駐車場は数箇所あるのですが昼くらいに行くと何処も一杯になります。

行かれるのなら午前10時着位を目標にすると良いかもです。

駐車場から滝口までは出店が並んでます。

美味しい松茸ご飯弁当等もありますよ。

実際美味しい。

800円位ですね。

あとゴマを原料にしたお菓子がオススメ。

赤目入り口への街道

お店を過ぎるといよいよ入り口に到着。

ちなみに入場料が必要ですよ。

大人 300円
小人(小学生・中学生) 150円

赤目四十八滝渓入口

入場すると日本サンショウウオセンターが先ずあります。

ここ赤目は日本最大のサンショウウオの生息地として有名で巨大なサンショウウオが生息していますよ。

サンショウウオ館

こんな感じで水族館みたいに展示されています。

こちらはサンショウウオの赤ちゃん。

透明の玉に入っているのがサンショウウオの赤ちゃん。

サンショウウオの赤ちゃん

これがオオサンショウウオの骨格標本。

オオサンショウウオの骨格

日本サンショウウオセンターを過ぎるとこういう道が渓谷に沿って続きます。

案外、ちょっとした散歩感覚でヒールなんて履いてる女性も居ましたが・・・・(^_^.)

道はドンドン険しくなります。

こういう道が続きます

最初は広い道もやがて人が交差するのがやっとって部分も沢山有りますし、

滝

40度位はある坂道を削って作った様な階段も沢山有りますし。

滝

是非、ちゃんとした靴で行かれる事をオススメします。

小道

今年は未だ紅葉したないですねぇ。

紅葉はまだ

殆ど紅色が見えなくて。

滝

滝は沢山、連続しています。

滝

自然の空気がとっても気持ち良いですよ。

滝

川岸に下りてお弁当食べても良いですね。

滝

水の音がとっても心地よいです。

滝

滝

滝

で、上って上って上りきった処にこの看板があります。

滝口から1時間半程かけて此処まで来たんですが・・・

悲しいお知らせ

結構、この看板みてショック受けてる人達が居ましたねぇ。

自分は知ってたので平気でしたが(^_-)

看板

そして最後の滝を観てUターン。

最後の滝

帰りは1時間ちょっとでサンショウウオセンターまで帰れました。

そして毎度おなじみにヘコキマンジュウ。

もうこんなに上手くサツマイモを利用したお菓子はこの世に存在しないって位美味しいですよ。

へこきまんじゅう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする