Sな女医さんとの心温まらない会話(;^ω^)

最新記事「2021年 初秋の生石高原(おいしこうげん)ススキがキレイでした

先日、下腹が1ヶ月以上痛くてとうとう病院に行ってきた時の話。

コンコン(ノックの音)診察室に入る私。

私「よろしくお願いしまぁ~すm(__)m

あ(-_-;)、女医さんだ。

ド「どうしましたぁ~?
(目も合わさずにカルテを書きながら・・・)

私「あの~~下腹が痛くて。。。

ド「下腹ねぇ~ いつ位から痛いの?
(かなりぶっきらぼうに)

私「えっとぉ~ 1ヶ月位前から

ド「じゃー どんな風に痛いの?
(かなりぶっきらぼうに)

※完全にツンデレのツン状態。デレなんてあるのかなぁ?この先生。

私「えっとぉ~
タマを蹴られた時みたいに。

ド「タマを蹴られた時?
もう一度訊きますよ。どんな風に痛いの?

私「ですから、タマを蹴られた時みたいに・・・・

ド「タマを蹴られた時? あのね、私はタマを蹴られた痛みはわからないのよ!! わかる? ではもう一度 訊きますよ。 どんな風に痛いの?

私「あのォ~
たとえがわからなくって・・・

ド「わかりました。 私が言います。 サバ折になるような痛み?

私「あのォ~
サバ折ってどんな折れ方ですか?


ド「ん・・・・思わずサバ折れしてしまう様な。

私「なので、サバ折ってどんな折れ方ですか?

ド「サバ折れはサバ折れ。
お腹を抱えてしまうような・・・・ね。

※このへんでお腹が痛いのも忘れ始めてたので。

私「そうです。そのお腹を抱えるような。

なんて会話が延々続き結局、直腸検査になったのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする