ブラック企業って変わらない

最新記事「2021年 初秋の生石高原(おいしこうげん)ススキがキレイでした

写真と本文の内容は全く関係ありません(^_-)

この業界(IT?カッコいい言い方ですね(爆))に居て様々な処で仕事しますと会社のカラーや考え方、また同じ会社でも部署に依って色々と仕事の進め方があってなかなか大変な事も有りますね。

折しも年末で2019年ブラック企業が発表(*^^*)

と言う訳で自分の中で記憶に残っている事で少し書いてみますと。

とある企業のプラント制御システム構築に参加したケース(結構な頻度で炎上してるので1ケースだけですが)

設計は終わったからプログラミングだけという条件で参加したのですが。。。

よくある明らかにプレゼン?ウケを狙った設計(要はなんでもかんでもやれますてんこ盛り仕様)で「これ、マシンのスペックわかって書いてますか?」的な仕様で。
自分なら2台構成で設計するような機能を一つにまてめてて。

ピーク時のI/O考えたら無理でしょ?って感じでした。

でもリーダーは所謂パワハラ系。

設計した部下を連日これでもか!って位に叱責するわけです。
泣いてても止めない。
大勢が居る前で。
さすがに可哀想になってきまして。

此方が作るのに手こずってるのが原因で工程遅れて怒られてるので。すみません。非力でした(´;ω;`)と言うか性能保証途中で止めましたわ。普通はマージンとりますが取ってない。
でもね、設計した方、リアルタイムの処理とかされたことないんですよ(後でわかりましたが)その人選したのリーダーのあんたでしょ?って思って。

それに設計者もシステム的な要件よりもパワハラ上司のご機嫌取るみたいな気持ちが働いて設計されたんじゃないのかなぁ~?って思いますしね。

結局、I/Oがボトルネックになるのでディスクライクなメモリユーティリティ層を作成し何とか辻褄合うようにモノは作りましたが。

もう、ホントにパワハラ(今で言う)が酷い部署でしたね。

この時のリーダーの名前はまだ覚えてますよ。

同じ人ですが他でもやらかしてたみたいで。

あと、この会社のブロパーによる外部の人たちをバカにした言動等。

こいつら頭おかしいんと違うかぁ?なんて思った事が何回もあったりして。

当時の自分の仕事はプログラム作ったり設計するより一緒にやっていた凶暴なメンバーを如何におとなしくさせるか?なんて感じで。

ホント、一触即発状態が何回もありました。

ちなみに此方では亡くなられた方も居られまして。

ちょっと変な場所(詳しく書くとわかっちゃいまうから)で完徹3日とかありえんでしょ。

それを月に何回も。

自分でもよくやってたなぁ〜って思います。

ほんと罰ゲーですよ。

ゲームの仕事もしんどかったですがこちら程ではなかったですからね。

ちなみにこの辺りの話を当時のメンバーと共有したりしますが今はだいぶマシにはなったとの事で。

マシと言うか単にパワハラやってた人たちが定年でどっか行っただけちゃうの?

なんてひねくれた考えをしてしまう自分がいます。

というわけで。

おかしいと思ったら即、逃げてください。

あなたのかけがえのない心と命を守るために。

というなんというか後味悪い話でした。

ごめんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。